自動車保険の選び方

保険や保険をオンラインで知るなら

自動車保険の保険料と補償内容

つい先日、知人が自動車の人身事故を起こした。わきみ運転が原因だった。事故の内容は、わき見運転をしていた瞬間、赤信号でとまっていた車に衝突してしまったということだ。その衝撃で、前の車にまで被害が及んでしまったそうだ。幸い、被害者の2人ともに、軽い鞭打ちを患い、1週間程の治療で済むようだ。また、加害者本人も、エアーバッグなどによる衝撃で、突発性難聴をわずらったり、体のあちこちが痛むようだが、検査の結果、どこにも大きな異常は見られなかったそうだ。
問題は、車である。加害者の車は、ボンネットの辺りが、原形をとどめず、見るも無残な状態である。しかしながら、何とか修理によって復元できるそうだ。また、被害者2人の車についても、加害者程の損傷はないものの、どちらも修理が必要である。合計すると、数百万円という単位の被害だそうだ。3台分の車の修理、加害者、被害者、双方の通陰治療費だ。額を見ても慄くが、なんと、それを加害者の加入していた自動車保険によって全て賄うことができるという話だ。今の時代、車の保険を見直そうと、安さを競うCMが多いが、いざという時に備えて、ある程度の保険料は支払っておくべきなのだと、改めて考え直した。

保険や保険の情報は役立つこのホームページで情報収集しましょう

Copyright (C)2018自動車保険の選び方.All rights reserved.